毘沙門堂の紅葉!見頃はいつ?御朱印も頂きました!

毘沙門堂タイトル用-01

毘沙門堂(びしゃもんどう)は、山科にある天台宗の門跡寺院です。

秋の紅葉が美しく、特に散り紅葉の頃の勅使坂(ちょくしざか)が真っ赤に染まる景色は圧巻で、たくさんの観光客が訪れる名所となっています。

そんな毘沙門堂の紅葉を見てみたい!と思い、今回の訪問に至りましたが、残念ながら紅葉の見頃は過ぎていました(;´Д`)

スポンサーリンク

また、内部は撮影禁止だったため写真でご覧頂けない部分もありますが、紅葉だけではない毘沙門堂の魅力が満載です!

そこで今回は、毘沙門堂の紅葉、駐車場と御朱印についてご紹介しますので、どうぞお付き合いください♪

毘沙門堂の紅葉!見頃はいつがいい?

今回は「そうだ京都、行こう」のページにあった見頃の時期に合わせ、12/1に訪れたのですが、紅葉を楽しむには遅めの訪問になってしまいました( ノД`)

なので、紅葉を楽しみたいなら、11月中~下旬頃が良さそうです。

2017年の12/1の様子をご紹介していきますので、こんな感じだったのか~と参考にしてくださいね^^

毘沙門堂に駐車場はあるの?無料で併設♪

毘沙門堂には、無料駐車場が併設されています。

こちらが毘沙門堂の駐車場です。

1毘沙門堂の駐車場

とても広い駐車場だったので、利用しやすいと思います^^

毘沙門堂の紅葉は勅使坂が美しい♪

駐車場から境内へ向かうと、まず薬医門(やくいもん)のあたりに出ます。

2薬医門

薬医門をくぐると、宸殿(しんでん)があります。

3宸殿

こちらは、薬医門からの景色です。

4薬医門の坂

階段を下りた所から薬医門を見上げてみました^^

5薬医門を下から

薬医門前の紅葉が綺麗でしたよ♪

6薬医門前の紅葉

薬医門から東へ行くと、勅使門(ちょくしもん)が見えてきます。

7毘沙門堂の勅使門

こちらは勅使坂といって、散り紅葉が綺麗で有名な撮影スポットなんです(*´▽`*)

8毘沙門堂の勅使坂

真っ赤な葉が地面を埋め尽くし、真っ赤な絨毯のようになる景色は、圧巻の美しさ!

9毘沙門堂の勅使坂

ただ、今回は少し遅めだったのか、残念ながら真っ赤な紅葉の絨毯…とまではいきませんでした(;´Д`)

それでも、参道の左側は紅い葉で覆われていて、とても綺麗でしたよ(*‘∀‘)
坂の下から写真を撮る人もたくさんいました。

仁王門では阿吽の仁王がお出迎え!

ここから、仁王門(におうもん)方面へ向かいます。

10仁王門方面へ

仁王門の参道を上って行きましょう♪

11仁王門参道

まっすぐのびた階段の向こうに、仁王門が見えます。

12仁王門参道

仁王門付近は、散り紅葉で地面が埋め尽くされるほどでしたよ~^^

13付近の散り紅葉

こちらが、毘沙門堂の仁王門です。
本堂への表門で、毘沙門堂が再建された1665年に建立されたといわれています。

14毘沙門堂の仁王門

仁王門の左右には阿吽の仁王が安置されていました。

15阿吽の仁王

仁王門をくぐると、本堂が見えます。
毘沙門天が祀られている本堂は、2013年に修復されたばかりで、色鮮やかな姿を見ることができます。

16仁王門をくぐった

仁王門を内部から見た様子です。朱塗りの門が鮮やかですね~。

17仁王門を内部から

こちらが、毘沙門堂の唐門です。

18毘沙門堂の唐門

唐門の模様です。

19唐門の模様

スポンサーリンク

毘沙門堂で御朱印を頂ける場所は?こちら!

本堂から撮影した、拝観受付です。

20本堂から撮影(受付&朱印所)

こちらの拝観受付で、毘沙門堂の御朱印を頂くことができます

こちらが頂いた毘沙門堂の御朱印です。

毘沙門堂の御朱印

毘沙門天王と書いてありますね^^

本堂から見える毘沙門堂の紅葉も美しい♪

こちらは、本堂の西側から霊殿の方を見た景色です。

21本堂西側から霊殿方面

屋根には可愛らしい装飾が(*‘∀‘)
左に見えるゾウさんの顔が、、、なんとも愛嬌のある顔ですね(笑)

22屋根の装飾

本堂東側から、向こうに見えるのが弁天堂です。

23本堂東側から弁天堂方面

弁天堂のまわりは、紅葉が綺麗でした(*´▽`*)

24本堂北側から弁天堂

見頃だったらもっと鮮やかな景色だったのでしょうか。

25本堂北側から弁天堂

紅葉した木々と、弁天堂の側にある池の散り紅葉も綺麗でした^^

26弁天堂と池

池には小さな橋が架かっていました。

27弁天堂付近の池の橋

霊殿の不思議な天井龍!

それでは、次に霊殿(れいでん)へ向いましょう♪ここから、拝観券が必要なエリアになります。

28霊殿へ

こちらが霊殿の廊下で、右側が霊殿になっています。

29霊殿廊下(右が霊殿)

霊殿は1563年、御所の御霊屋として建てられましたが、その後移築されました。
中央には阿弥陀如来が祀られ、歴代の影像や位牌も安置されています。

霊殿の内部には、守護龍である天井龍があります。

天井龍は狩野主信(かのう もりのぶ)の作で、龍と目を合わせた状態で部屋の内部を移動すると、不思議と龍の目や顔の向きが変わります。本当に不思議でした(^_^;)

晩翠園は散り紅葉でした

それでは、霊殿から宸殿(しんでん)へ向いましょう。

木の向こうに見えるのが宸殿です。

30宸殿を眺める

霊殿と宸殿をつなぐ渡り廊下を、宸殿側から撮ってみました。

31霊殿と宸殿の渡り廊下(宸殿側から振り返って)

宸殿は、御所にあった後西天皇の旧殿を1693年に移築したものです。

玄関付近の廊下には「板戸の衝立」がありました。鯉の絵が描かれた衝立で、こちらも鯉と目を合わせながら移動してみると、ずっと目があい続ける不思議な絵でした。錯覚なんでしょうけど面白かったです^^

宸殿から、本堂も見えましたよ。

32宸殿から見た本堂

宸殿前の廊下と、その前には枝垂れ桜の木がありました。
この枝垂れ桜、春には綺麗な花を咲かせるそうなので、また桜の季節に訪れたいですね(*´▽`*)

33宸殿前の廊下(左は枝垂れ桜)

宸殿の廊下を通っていくと、、、

34宸殿廊下

晩翠園(ばんすいえん)があります。

35晩翠園

江戸初期の、谷川の水を引いて滝を造った回遊式庭園で、奥には観音堂が見えます。

36晩翠園

晩翠園もだいぶ散り紅葉でしたが、それでもまだ綺麗でした。

37晩翠園と紅葉

見頃だったら、もっと美しいのでしょうね~( *´艸`)

晩翠園の手水鉢です。

38晩翠園の手水

こちらの手水鉢は銘器で、一品公弁法親王(こうべんほっしんのう)が好んだ鞍馬自然石の手洗いなんだそうですよ^^

手水鉢の手前の紅葉が、オレンジと赤でステキでした。

39手水と紅葉

弁天堂へ向いました♪

外へ出て弁天堂へ向うと、鳥居がありました。

40弁天堂の鳥居

こちらも落葉はしていましたが、まだまだ紅葉が鮮やかで綺麗な景色でしたよ^^

41弁天堂

本堂と、オレンジ色の紅葉がまたステキですね!

42本堂と紅葉

弁天堂のうしろには、湧水が、、、

43弁天堂後ろの湧き水?

こちらの弁天堂には、高台弁財天が祀られています。

43弁天堂側面

鳥居の内側からの眺めも、散り紅葉ながらまだまだ綺麗ですね♪

44鳥居(内側から)

最後に、、、極彩色(ごくさいしき)の本堂です。

45極彩色の本堂

極彩色とは
鮮やかな色を用いた濃密な彩り。また、 派手でけばけばしい色彩。

これで、毘沙門堂の拝観はおしまいです^^

スポンサーリンク

毘沙門堂の歴史と豆知識

毘沙門堂は703年、文武天皇(もんむてんのう)の勅願により、僧行基(ぎょうき)によって開かれた天台宗五箇室門跡の一つです。

焼失、再興、移転ののち、応仁の乱で再び焼失しますが、1665年に現在の場所に再興しました。

天台宗の宗祖である、伝教大師・最澄(さいちょう)が自ら刻んだと言われている毘沙門天を本尊として祀ることから、毘沙門堂の名前がついたそうです。

毘沙門堂の拝観料は?アクセスなど

毘沙門堂:詳細データ
  • 正式名称:毘沙門堂
  • 住所:京都市山科区安朱稲荷山町18
    TEL:075-581-0328
  • 拝観時間:8:30~17:00
  • 拝観料:境内拝観無料、殿舎・宸殿500円
  • 交通:JR東海道本線(琵琶湖線)、地下鉄東西線「山科駅」下車徒歩約20分
  • 駐車場:併設の無料駐車場あり
京都市山科区安朱稲荷山町18

編集後記

いかがでしたか?毘沙門堂の紅葉、駐車場と御朱印についてご紹介しました♪

あまり規模は大きくなかった印象ですが、紅葉が綺麗な門跡寺院です。
紅葉が見頃だったら、もっともっと美しい景色が楽しめたんだろうな~と思います^^

勅使坂の散り紅葉もリベンジしたいですが、、、
個人的には、宸殿前の庭園にあった枝垂れ桜も気になっているので、ぜひ桜の季節にも訪れてみたいですね。

また次回の楽しみができた毘沙門天の拝観でした(*‘∀‘)

コメントを残す

メールアドレス・ウェブサイトは未入力でも大丈夫です(*^^*)