金戒光明寺(くろ谷)の紅葉!特別公開と御朱印も♪

金戒光明寺タイトル用-01

以前ご紹介した真如堂に隣接する、金戒光明寺(こんかいこうみょうじ)

真如堂の紅葉!美しすぎる三重塔♪御朱印も頂きました

実はあまりよく知らない寺院だったのですが、紅葉と特別公開の時期に行ってみたい!と思い、足を運んでみました^^

スポンサーリンク

紅葉がとても綺麗で、境内は高低差があるので眺めも最高でした!

今回は、そんな金戒光明寺の紅葉と御朱印、特別公開、駐車場と拝観料についてご紹介しますので、どうぞお付き合いください♪

金戒光明寺に駐車場はあるの?有料で併設♪

金戒光明寺には有料の駐車場があります

0金戒光明寺の駐車場

60分400円、当日1日最大料金800円で利用することができるので、お車の方はこちらをご利用下さいね。

特別公開の山門!素晴らしい紅葉です♪

境内散策へ出かける前に、金戒光明寺の境内図を見てみましょう(´▽`)
境内は結構広そうですね~。

境内図掲載用

駐車場から順路通りに進むとまっすぐ山門へ行くのですが、まずは左へ進み、高麗門(こうらいもん)へ行ってみようと思います^^

高麗門に到着です。

1金戒光明寺の高麗門

高麗門は、1592年から1598年の間に造られた金戒光明寺の正門です。

高さ6.8mで、徳川家康(とくがわ いえやす)が幕府直轄地として二条城を作った際、黒谷と知恩院はいざという時の要塞に…と建て替えられたそうですよ。

2金戒光明寺の高麗門

では、山門の方へ戻って行きましょう^^

山門が見えてきました。かなり大きく、重厚感のある立派な門ですね~!
山門は1400年頃の創建と考えられています。応仁の乱で焼失しますが、1860年に再建されました。

4金戒光明寺の三門(表側)

山門の上には、後小松天皇による額があります。

紅葉が綺麗ですね~。

5金戒光明寺の三門(表側)と紅葉

こちらは、山門へ登る入口です。
山門は特別公開期間中で有料(大人800円、小学生400円)で登る事ができたので、登ってみました♪

11三門へ登る入り口

山門内部はもちろん、山門からの景色の撮影も残念ながら禁止でした( ノД`)
かなり高いので、京都中が一望できます。

山門内部には、仏像が10体ほど展示されていて、ガイドさんが仏像や山門にまつわる説明をしてくれました。

こちらが、山門からの降り口です。

12山門からの降り口

山門を内側から見た景色です。

12山門からの降り口

こちらから見る紅葉も綺麗ですね(*´▽`*)

15山門と紅葉(内側から)

そういえば、山門は通常「三門」と書くのですが、ここの山門は「山」という字を使うようですね。

16山門正面(内側から)

山門に鮮やかな紅葉がとっても映えます!

17山門と紅葉アップ

階段を登って、奥へ進んで行きますね^^

18階段を登る

階段横にも、綺麗な紅葉が(*´▽`*)

18階段横にキレイな紅葉(後ろは納骨堂)

紅葉した木の向こうに見えるのは、納骨堂です。

階段を登る途中、山門を振り返ってみました。

19山門を振り返ってみた(午前)

山門と紅葉、、、素晴らしい眺めですね(´▽`)

さきほどの写真は午前中に撮った写真ですが、こちらは午後に撮った山門の様子です。

20山門を振り返ってみた(午後)

たくさんの人が訪れるのも納得の景色ですね~!

スポンサーリンク

阿弥陀堂:境内で最古の建物!

階段を進んで行くと、左側に鐘楼があります。

21鐘楼

階段を登りきって、正面に見えるのは御影堂(みえいどう)です。

22階段を登りきった

先ほど、階段から見えた納骨堂がこちらです。

23納骨堂

納骨堂は1689年に経蔵(きょうぞう)として建立されたのですが、2011年に大修理が行われ、納骨堂として使用されるようになったそうです。

経蔵とは

仏教寺院における建造物(伽藍)のひとつで、経典や仏教 に関する書物を収蔵するもの

納骨堂の側には阿弥陀堂(あみだどう)があります。

24阿弥陀堂

阿弥陀堂は金戒光明寺内で最も古い建物で、1605年、豊臣秀頼(とよとみ ひでより)によって再建されました。

阿弥陀堂の内部には、本尊の阿弥陀如来が安置されています。

25阿弥陀堂(内部仏像)

こちらが、金戒光明寺の手水舎です。

26手水舎

そしてこちらは、地蔵菩薩です。

27地蔵菩薩

特別公開の御影堂:法然上人の座像を安置!

御影堂の正面に来ました。

28金戒光明寺の御影堂正面

御影堂は大殿(だいでん)とも呼ばれ、内部には法然上人(ほうねんしょうにん)座像が安置されています。

30御影堂

1934年に火災によって焼失したため、現在の建物は1944年に再建されたものなんですよ^^

31御影堂(左側)

御影堂の手前にあるのが、鎧掛けの松です。

武士である熊谷直実(くまがい なおざね)が鎧を洗って掛け、出家したとも言われています。

32御影堂(右側)と鎧掛けの松

鎧掛けの松は京都市指定保存樹に指定されていますが、残念ながら2013年に枯れてしまったそうで、現在の松は2014年に植えられた3代目なんです。

御影堂の拝観が開始したので、特別公開中の内部の拝観へ向いますね^^

33御影堂拝観開始

大方丈の庭園です。

34大方丈の庭園

大方丈の門を外側から見た様子がこちらです。

34大方丈の門(外側から)

枯山水式庭園、紫雲の庭に来ました。
紫雲の庭は2006年に作庭されたので、比較的新しいんですね。

35紫雲の庭

法然上人の生涯と浄土宗の広がりを枯山水で表していて、幼少時代 美作(みまさか)の国修行時代 比叡山延暦寺浄土開宗・寺門興隆の3つのエリアに分かれています。

こちらも紅葉が見事ですね~( *´艸`)

36紫雲の庭

紅葉と、向こうに見える建物が大方丈です。

37紅葉と大方丈

こちらは鎧之池です。

38紅葉と鎧の池

大方丈を側面から見た景色です。

39大方丈の側面

大方丈には、久保田金僊(くぼた きんせん)が描いた虎に由来する虎の間、今尾景祥(いまお けいしょう)が描いた松に由来する松の間などがあります^^

鎧之池の紅葉です。もう少ししたら、赤い葉が水面に落ちて、また違う景色を見せてくれるかもしれませんね(*’▽’)

40紅葉と鎧の池

灯籠と紅葉っていうのも、なかなか良いですね~。

41灯籠と紅葉

紅葉が本当に美しいです♪

42紅葉と建物

庭園の奥には、ご縁の道がありました。

43ご縁の道

紅葉、大方丈、池、、、絵になるような綺麗な景色ですね。

44紅葉と大方丈と池

思わず、写真をいっぱい撮ってしまいます( *´艸`)

45紅葉と大方丈と池

その近くには、茶室・紫雲亭(しうんてい)が建っています。

46紫雲亭

紫雲亭のお隣に建つのが、花峯庵(かほうあん)です。

花?庵アップ

こちらの花峯庵も茶室です。

47花?庵

内部の様子はこんな感じです。

48茶室内部

つくばいもありましたよ^^

49茶室のつくばい

茶室の外には灯籠がたくさんありました。

50灯籠と茶室

再び紫雲の庭です。先ほどとは別の角度からの景色ですが、落ち着く眺めですね^^

51紫雲の庭を別角度から

金戒光明寺で御朱印を頂ける場所は?限定版も!

こちらが、新清和殿(しんせいわでん)です。

52新清和殿

金戒光明寺の御朱印は、こちらの新清和殿でを頂くことができます
境内図には御影堂の前に御朱印所とあるのですが、こちらでも頂けました。

頂いた御朱印がこちらです。

「浄土真宗 最初門」と書いてあります。

金戒光明寺の御朱印

こちらは限定版で、「黒本尊」と書いてあります。

金戒光明寺の御朱印限定版

スポンサーリンク

三重塔:金戒光明寺の見どころ!

内部拝観が終わったので、また外に出て境内をまわっていきますね^^

大方丈の隣にあるのが、寺務所玄関です。

53寺務所玄関

新清和殿から極楽橋あたりまで坂があり、下りたら紅葉がキレイだったので、振り返って撮影してみました^^

54坂を降りたところ

極楽橋が見えてきました。

55極楽橋

極楽橋

平安末期の事です。

源平の戦いで有名な武将・熊谷直実が、法然上人のもとを訪れました。

その出会いで出家を決意した直実は、 兜を置き、弓の弦を切り弓を池に架けました。
その弓の形が、この極楽橋の起源と伝わっています。

極楽橋の下にある蓮池は、直実が兜を洗ったと伝えられているので、兜の池とも呼ばれています。

極楽橋から、向こうに三重塔が見えます。

56極楽橋から三重塔

橋からまっすぐ進んでいくと、こちらにも紅葉した木が^^

三重塔は文殊塔(もんじゅとう)とも呼ばれ、重要文化財に指定されています。
高さは22m、1633年に江戸幕府2代将軍・徳川秀忠(とくがわ ひでただ)の菩薩を弔うために建立されたと言われています。

57三重塔と紅葉

京都の街まで見渡せる三重塔からの景色は、最高でしたよ(*´▽`*)

58三重塔からの眺め

境内の鮮やかな紅葉が、本当に綺麗ですね(*´▽`*)

59境内の紅葉

60境内の紅葉

金戒光明寺の塔頭へ♪こちらの紅葉も素晴らしい!

ひと通り見て回ったので、御影堂の前に戻って来ました。

61茶所

茶処があったので、ちょっとひと休み。みたらし団子を頂きました^^

62みたらし団子

そして、御影堂から北門方面へ歩いていきます。

63御影堂から北門方面へ

途中、左手に顕岑院(けんしんいん)がありました。

64けんしん院

その向かい側には、栄摂院(えいしょういん)の門があります。

64栄摂院の門

内部は、自然に囲まれた静かな空間が広がっていました。

65栄摂院の内部

こちらの紅葉がとても見事で、金戒光明寺の中でダントツ一番の美しさでした^^

66栄摂院の見事な紅葉

67紅葉アップ

紅葉の向こうに、仏像が見えますね~。

68紅葉と仏様

栄摂院の額が飾ってありました。

69栄摂院の額

縁側からも紅葉を楽しむことができて、とても落ち着く場所でしたよ( *´艸`)

70栄摂院の縁側

ずーっとここで、何も考えずにボーっとしていたいなぁ、、、なんて思ってしまいます。

栄摂院のお庭には赤い葉が落ちていて、とても風情のある最高の眺め(*’▽’)

71栄摂院の庭

お庭から続く階段では、鮮やかな赤が頭上に広がっていました。

72庭からの階段と紅葉

まさに見頃ですね~!

73紅葉

顕岑院の隣には、龍光院(りょうこういん)がありました。

74龍光院

龍光院の内部はこんな感じです。

75龍光院の内部

こちらでも綺麗な紅葉が庭園を彩っていますね^^

金戒光明寺の歴史と豆知識

金戒光明寺は浄土宗の大本山で、1175年、法然上人が浄土宗確立のため、比叡山西塔の黒谷にならって、この地で草庵を営んだのが始まりとされています。

1862年には、京都守護職を命じられた会津藩主の松平容保(まつだいら かたもり)が、金戒光明寺を本陣とした事でも有名です。

通称、くろ谷さんと呼ばれていて、境内には皇族の茶の湯に使われたという名水・黒谷明星水があります。

金戒光明寺の拝観料は?駐車場はあるの?アクセスなど

金戒光明寺:詳細データ
  • 正式名称:金戒光明寺
  • 住所:〒606-8331 京都市左京区黒谷町121
    TEL:075-771-2204
  • 拝観時間:9:00~16:00(受付終了)
  • 拝観料:御影堂・大方丈・庭園:大人600円、小学生300円
    山門:大人800円、小学生400円
    セット券:大人1200円、小学生600円
  • 交通:JR京都駅から市バス 東天王町下車 徒歩15分、または市バス岡崎道下車 徒歩10分
  • 駐車場:有料駐車場有り。60分400円。当日1日最大料金800円
〒606-8331 京都市左京区黒谷町121

編集後記

金戒光明寺の紅葉と御朱印、特別公開、駐車場と拝観料についてご紹介しましたが、いかがでしたか?

金戒光明寺は内部撮影禁止だったのが残念ですが、境内の紅葉が本当に美しかったです(*´▽`*)

また、アフロ仏像というものが面白くて有名なのですが、今回はうっかり撮影を忘れてしまいました、、、(;´∀`)
金戒光明寺を訪れる際は、このアフロ仏像も、ぜひ見てみてくださいね。

追記
金戒光明寺のアフロ仏像様、行ってきました!
アフロ仏像(お顔アップ)金戒光明寺のアフロ仏像!場所はどこ?超わかりやすく!

コメントを残す

メールアドレス・ウェブサイトは未入力でも大丈夫です(*^^*)